• HOME
  • プラダン(ダンプラ)とは

プラダンケース

プラダン(ダンプラ)について

プラダン(ダンプラ)とは

プラダン(ダンプラ)とは紙ダンボールと同じ形状をしたポリプロピレン製の中空シートです。
紙ダンボールに比べ、水・油に強く、丈夫で長持ちします。
その特徴を活かし繰り返し使用する「通い箱」(拠点と拠点を行き来させるケース)の材料として使われます。
使い捨てが問題視されている中、何度も使え環境にも良いプラダンの通い箱への関心が高まっています。

プラダン(ダンプラ)の特徴・特性

<軽量>

ダンボールのように、切り口が空洞状態(中空構造)になっているので中身のつまったプラスチック板などに比べ非常に軽量です。
梱包作業時の作業員の負担軽減や運送トラックの燃費の向上、CO2削減に貢献します。
軽さはプラダンが注目されている最大の理由です。

プラダンは軽量
  1㎡当たりの重さ
紙段ボール
(5mm Aフルート 中新120g K5/K5)
552g
プラダン(5mm 密度800g/㎡) 800g
スミセラー(5mm 密度1,500g/㎡) 1,500g
アクリル板(2mm) 2,400g

<加工性>

加工性

プラダン(ダンプラ)は中空構造のため、5mm程度までならカッターナイフなどで簡単に切断することができます。
紙ダンボールと同様に断裁、罫線、トムソン加工ができますので、紙ダンボールでつくれる形状はほとんどつくることができます。
また、ポリプロピレン製なので、溶かして接着(溶着加工)することが可能です。
データカッターで極少ロットでの製造も可能です。
量産の際は高額な金型は不要で、数万~数十万の抜き型(木型)のみでオーダーメイドの形状をつくることができます。

<耐久性>

耐久性

プラダン(ダンプラ)は紙ダンボールの十数倍の耐久性があります。
ポリプロピレンなので、落下しても割れたりカケたりしませんし、300万回の折り曲げに耐えます。また、水・油・薬品に強い特徴があります。
右の写真のように、箱に実際に人が入っても破れて底が抜けることはありません。

<衛生的>

紙ダンボールは「紙粉(しふん)」が発生します。
紙粉とは、紙ダンボールを製造する過程でダンボールシートを裁断するときにでる粉のことです。紙ダンボールにそのまま付着し、製品に混入することがあるため、精密機器や薬、食品業界では紙ダンボールが使えないことがあります。また、紙粉のでる紙ダンボールはクリーンルーム内に持ち込むことができません。
プラスチックダンボールは切れカスがでないため、異物が混入することはありません。また、帯電防止、導電性の機能を持たせたシートを使って箱を作れば、よりレベルの高いクリーンルーム対応の箱を製造することも可能です。

<緩衝性>

緩衝性

中空シートのため、衝撃に対し緩衝性を持ちます。
箱を製作した場合、中身の製品を安全に輸送することができます。

<静電気対策が可能>

静電気が発生すると、ホコリを吸着したり、静電気破壊が起きやすい精密機器などに害を与えます。
プラスチックダンボール(プラダン)はカーボンを練りこんだ導電シートがあり、通電するケースを作ることができます。
静電気をためずに設置面から逃がすため、静電気によるホコリの吸着や静電気破壊を防ぐことができます。
クリーンルームなどでの静電対策にはプラダンが最適です。

ポリプロピレン(PP)の特徴・特性

プラスチックダンボールはポリプロピレンでできています。 プラスチックの分類を表す略号はPPで、リサイクルマーク(SPIコード)は5番になります。 日本では昭和37年に国産化が始まりました。PE(ポリエチレン)と似た性質ですが、曲げに対する強度や透明性、引っ張り強さなどでPEより優れています。 プラスチックの中で一番軽く、断熱性が良く、耐薬品性に優れています。また艶があり比較的傷が付きにくいのが特徴です。 リサイクル性も高く、燃やしても有害ガスが発生する懸念のないプラスチックです。 「ペットボトルのキャップ」に使われている素材というとイメージしやすいかもしれません。 プラスチックダンボールをはじめ、自動車分野や洗濯機、冷蔵庫などの家電製品、日用品・雑貨まで幅広く利用されています。

<ポリプロピレンの特性>
プラダンの耐熱性 ダンプラの耐薬性 プラダンの耐水性 プラスチックダンボールはヒンジ特性があります
130℃の耐熱性があり、可塑性(かそせい)のあるプラスチックの中では最高の耐熱性を持っています。 特に対アルカリ性に優れており、対酸性・対溶剤性も優れています。 吸水性がほとんど無い(0.03%)ので紙ダンボールのように水にぬれても劣化しません。 繰り返しの曲げに対して強い。

プラダンのリサイクルについて

プラダンは可塑性があり熱に溶けるため、使い終わった後、リサイクルしやすい素材です。
リサイクル材料に使われる粉砕ペレット、工場で使われるパレット、身近な製品ならゴミ箱やポリバケツなどに再利用されています。
断裁屑や廃棄されるプラダンは細かく粉砕され、新たなプラスチック製品として再利用されます。工場内で使われるパレットなどの再生樹脂として使われるほか、燃料としても利用されます。

プラダンのリサイクル

プラダンは環境対応商品です

グラフ

みかん箱大のA式紙ダンボール箱一個を作るときに発生するCO2排出量は約0.5kgです。
同じ大きさのみかん箱プラダンA式を作るときに発生するCO2排出量は約5kgになります。
プラダンの箱を10回以上使うと、1回ごとに紙ダンボールを使い捨てるよりもCO2排出量が少なくなり、グリーン調達を推進することができます。

通い箱のメリット