紙ダンボール

紙ダンボールの大量生産、少量生産への対応

大量生産の場合

ダンボールを大量生産する場合、繰り返し生産する場合は木型を作って早く安く作ります
ダンボール用の抜きの機械。プラスチックダンボールにも使います。

注文数量が約50を超える場合は、基本的に木の板(コンパネ)に刃物を取り付けた型(木型)で段ボールシートを抜いて、その後、箱状に組み立ててケースを作ります。

木型は抜きの圧力に耐えられるように、厚さ20mm弱の非常に硬いコンパネと刃を使っています。木型を使う場合は別途2~10万円ほど費用がかかりますが、大量に製造する場合や繰り返し注文される場合に早く安く製造できるようになります。

当社では段ボールに使える抜き機を3台用意し、ケースの大きさ・数量・シートの厚みなど様々な条件に合わせて、お客様に最もメリットがある方法で加工しています。最も大型の機械は最大2500×3000mmまで対応しています。

小ロット生産の場合

紙ダンボール:少量生産する場合

少量生産の場合は、CAD/CAMで木型不要で加工します。

木型で抜く場合に比べ、1箱の単価は高くなりますが、少量の場合は型を作るより安くなります。

この機械も大型の加工が可能で、最大1900×3000mmまで、対応しています。

TEL:0774-88-6800

通常納期は4日となっています。
お急ぎの方は上記までお電話ください。お電話の際

・サイズ(長さ・幅・高さ)
・個数
・材質
・送り先

を担当者にお知らせください。

紙ダンボールの各部名称
お見積もり 規格サイズご注文フォーム 総合お問合わせ