プラダンシートが京都の音楽フェス「ボロフェスタ」で使用されました。

プラダンシートが京都の音楽フェス「ボロフェスタ2017」で使用されました。

昨年に引き続き、京都で開催されているDIY型音楽フェス「ボロフェスタ2017」にて、会場装飾にヤマコーのプラダンが使用していただきました。
今年も有志のボランティアの方々が協力して、手作りで色んな装飾を制作されていました。 今年の装飾では、ステージのバックパネルや入口の大型タイムテーブルに加え、司会席の看板やフロアごとの誘導看板などにプラダンを使用していただいたのですが、仕込みに参加した方々が楽しく準備されていたのが印象的でした。
プラダンで装飾物を制作する準備期間の様子が、ボロフェスタ様の公式ブログにてご覧いただけます。

ボロフェスタ速報ブログ


ボロフェスタ2017

【ボロフェスタ2017】
開催された3日間は台風の影響で生憎の雨模様と
なりましたが、沢山のお客様が来場されていました。

入口の大型タイムテーブル

【入口の大型タイムテーブル】
タイムテーブルは3日間分制作されました。
縦3m横5.4mと大変大型の看板になっています。
厳しい大雨にも耐えてくれました。

誘導看板

【誘導看板】
昨年に引き続き、クロークやトイレなど、
各場所への誘導などを行うために
プラダン製の看板を使われていました。

フロア誘導看板

【フロア誘導看板】
壁の角に取り付けられた看板です。
高い部分に案内内容を書くことで、
混雑していても内容が読めます。

準備中の様子01

【準備中の様子01】
装飾品を制作する準備期間の様子です。
協力してプラダン看板を制作されています。

準備中の様子02

【準備中の様子02】
今回は去年よりいろいろな手法で、
プラダンを装飾に活用していただきました。

フロア装飾看板

【フロア装飾看板】
装飾看板の中にはかなり手の込んだものもありました。
木目っぽく色を塗った後、オリジナルなフォントで
ボロフェスタに対する熱い気持ちを書いた看板です。

司会スペース看板

【司会スペース看板】
司会のMCモグラさんが立っていた、
沢山の視線が集まる司会のお立ち台にも
プラダンで作った看板が使用されました。

ステージ装飾

【ステージの装飾】
今年は荒野がテーマで、
夕日や恐竜が幅9mに渡って描かれています。
この絵の前で、沢山のライブが披露されました。

ライブ中の様子

【ライブ中の様子】
この日も沢山のお客様が音楽を楽しまれていました。
スタッフ自作のステージ装飾は
ボロフェスタの名物として親しまれています。