プラダンケースが映画の小道具として使用されました。。

プラダンケースが映画の小道具として使用されました。

人気少年漫画「DEATH NOTE」の実写映画に、オーダーメイドプラダンケースが小道具として使用されました。
劇中に登場する「C式被せ蓋ケース」と「セーフティボックス」は、事務所のような舞台セットの中で備品として配置されています。
実際に使用されている環境を再現した舞台セットによく馴染んでいます。
今回プラダンケースを使用していただいた映画「デスノート Light up the NEW world」は2016年10月29日に公開予定です。
映画の公式HPはこちら!


プラダンケース使用中の様子01

【使用中の様子01】
舞台セットの一部として使われています。
実際の用途でもよくある光景です。

デスノートの小道具プラダンケース

【使用中の様子02】
舞台セットに応じた追加加工が行われています。
このような社名やロゴなどの印刷も可能です。

オーダーメイドプラダンケース

【C式被せ蓋】
今回納品したC式被せ蓋ケースです。
蓋を固定するためのベルトを取り付けています。

鍵付ケースセーフティボックス

【セーフティボックス】
セーフティボックスも使用されています。
箱の雰囲気がセットによくあっています。

プラダンケース使用時の様子03

【使用時の様子03】
舞台セットの色々な所でケースを使用されています。
グレーの色合いがよく馴染んでいます。

ケース側面にカードケース

【ケース側面】
資料の管理カードが追加されています。
細かいところまでよく作りこまれています。