よくある質問

プラダンは割れますか?

プラダンはPP(ポリプロピレン)が原材料になりますので、
非常に粘りがあって割れにくいものの、限界を超えれば割れます。

また、素材の特性上温度の低い環境では割れやすくなります。
できる限り常温でご使用下さい。

※プラダンケースが割れた例

ケース:500mm×500mm×H200mm 程のC式蓋なしケース

場所 :宇治田原工場内(山間部の工業地帯)

時期 :真冬の朝方(工場内気温:0?5℃)
※ポリプロピレン自体が割れやすくなる気温です。

状況 :20kg相当の内容物を入れた状態で1m程の高さから落としてしまった

結果 :落とした際に「パキッ」という音がなり、ケース角部分の筋目方向に亀裂が入った。

尚、破片が散らばったりすることはなく、内容物にも影響はなかった。

このように、プラダンケースの耐久性にも限界はありますが、
壁や角などの硬い部分と接触した程度なら、大半はぶつかった部分が白化する程度で
シートやケースの機能自体に問題なく済みます。

上記のレポートはほんの一例ですので、
詳しくは弊社営業担当までご質問ください。

また、上記のような衝撃が想定される場合、
角あてを取り付けたり、角部分をテープで補強するなどの対策をとれば
耐久性が向上し同条件でも割れ辛くなります。


«前へ(プラダンケースの規格品はありますか?)   次へ(プラダンシートの密度とは何ですか?)»