よくある質問

どんな分野で使われていますか?

シートのままでは、店内の壁に貼って内装材、選挙ポスターの台紙、工事現場の公示板、
倉庫の下敷き材などとして使われています。
面白いところでは、エコカーのボディになったりもしています。


ケースでは、紙ダンボールからプラスチックダンボール製通い箱への代替の動きが
加速しています。
その主な理由は3つあります。


1つ目は、コスト削減。導入コストは紙ダンボールの数倍しますが、繰り返し使用ですぐに償却できます。

2つ目は環境対応。 1回でゴミになる紙ダンボールより耐久性のあるプラスチックダンボールを使うことでゴミの量を減らせます。

3つ目は紙粉対策。 精密部品や薬、食品などを扱うところは、紙粉の混入を避けるためにプラスチックダンボールに切り替えています。


«前へ(プラダンに印刷できますか?)   次へ(野ざらしで使っても大丈夫ですか?)»