納品事例

組み底

有名食品メーカー様よりご注文いただいたケースです。

従来の紙ダンボールでは紙粉や異物の混入などの悩みがありましたが、それを解消しました。しかも金属や接着剤などを一切使用せず、熱溶着のみで製作しています。

>>詳細はこちら

プラスチック段ボール(ダンプラ)製のA式(みかん箱)です。

紙段ボールに比べると耐久性があり繰り返し使えますので経済的です。

>>詳細はこちら

この組み底型(別名:地獄底)のケースにはマジックテープ・落とし蓋を装着しています。この落し蓋により、底部分が強化され、重量が重い荷物でも、たまわない構造になります。また、半透明色なので、中身の物のシルエットが判断できます。 主に保管箱として最適です。

>>詳細はこちら

この組み底型(別名:地獄底)のケースにはマジックテープと取っ手が装着されています。特に持ち運びと開閉の作業が効率よくできます。そして、全体的に金属鋲で打たれています。 主に、通い箱には最適です。

>>詳細はこちら

この組み底(別名:地獄底)のケースは底部分の蓋を粘着テープ無しで締められる構造になっています。つまり、蓋部分を組み込んだ閉じ方をしているのです。詳しくは下記の説明になります。

>>詳細はこちら

プラダンA式のバリエーションになります。教材の搬送用の通い箱として使用します。繰り返し使えるプラダンケースは通い箱にぴったりです。みかん箱タイプ(地獄底)とワンタッチベルトの組み合わせで安くて丈夫な通い箱です。

>>詳細はこちら