用語集

シルク印刷

シルク印刷

孔版印刷の一種です。

孔版をスクリーンとして印刷対象を覆い、孔からインクを付けて印刷する方法です。

スクリーンの素材として以前は絹が使われていましたが、現在は主に化学繊維が使われています。

シルク印刷のメリットは、

・インクを厚く塗布できる
・耐候性に優れている
・紙以外にも印刷が可能
・多様なインクの種類に対応できる

という点であり、プラダンの看板を作る際はこの印刷方法が利用されます。

デメリットとしては、

・色数を増やすとその分版代がかかる

という点があります。

印刷コストを抑えるためにはできるだけ少ない色数での発注をオススメしています。

色指定はCMYKやDIC指定が可能です。

尚、シンナーなどで印刷を落とすこともできます。

written by akai


«前へ(カード差し(カードケース))   次へ(揮発性有機化合物)»